猪木 ロード スロット

猪木 ロード スロット

「いきなり発砲は無いだろ

この世界ではどれくらいのダメージが与えられるのか分からないけど、当たったら痛そうだ」「くっ……!」 武器を使わない俺に簡単に取り押さえられたという事は、おそらくレベルがあったとしても二桁並み

つまりその辺の“NPC”と大差無い様子

あなたも好きかも:犬キング スロット
 レベルが三桁でもあればLv285の俺が相手だとしても素手なら掻い潜れるだろうし、何かがバックに居るのはほぼ確実だ

あなたも好きかも:スロット 無料 体験
「「「おおー!」」」「凄いぞ! アイツを捕らえた!」「流石はギルドメンバーだ!」「……

何かやりにくいな……」「ふふ、感謝されているんだ

まるで主人公になった気分

悪く無いだろう」 捕らえた瞬間、一瞬呆気に取られていた住民達が口を揃えて賛美の言葉を述べる

大袈裟でどこかわざとらしいが、多分誰が捕らえたとしてもこう言った事を言われるのだろう

この世界ではプレイヤー全員が主人公

無条件では無いにせよ、現実世界よりは褒められる頻度も高いみたいだ

あなたも好きかも:と ある カジノ の バニー ガール
 まあ、今回の場合は俺がギルドメンバーという事もあってそのワードが称賛の言葉の中に入っているが、それは別に大した問題じゃないな

「やめろ……! は、離せ!」「……? 急に弱々しくなったな……捕まったからか?」「何故だろうな

不自然な怯え方だ」 周りの歓声によって消えそうな程にか細い声を出し、その後に声を張り上げた

 情緒不安定

俺が押さえているので脱出は不可能

逃げ場は無いが、だからこそ何か慌てている

一体どうするべきか

「ひぃぃぃ!!」「……なにっ?」 ──瞬間、俺が押さえている保安官の腕が切断された