スロット グラフ 理論

スロット グラフ 理論

その者の名は──クラルテ・フロマ』「……!!」 ──クラルテ・フロマ

 リヤンは先程、クラルテという言葉を聞いただけで頭痛が起こった

その理由は、ほんの少しだけ理解したかもしれない

あなたも好きかも:cr まわる ん パチンコ 大海 物語 3 攻略
そう、その者の姓が"フロマ"という事が原因だったのだ

「フェンリルさん……私の名前……リヤン・フロマと言います……!」『……! なんと……!』 そして、思い当たる節をフェンリルに向けて話すリヤン

 同じ姓を持つ者は多く居るだろうが、今までの事からリヤンとクラルテが何かしらの関わりがある確率は高かった

それを理解したフェンリルは低く唸るように言い、リヤンをマジマジと見やる

『失礼する……』「わっ……!」 そしてフェンリルはクンクンと鼻を動かし、再びリヤンの匂いを嗅ぐ

それに対してリヤンは小さく声を上げるがフェンリルは構わず嗅ぎ続け、そして確かな確認をしてから言葉を続けた

あなたも好きかも:歌舞伎町マルハン スロット
『ふむ、やはり似ている……となると……娘

あなたも好きかも:銚子駅 パチンコ
お前はクラルテ・フロマと何かしらの関係があるかもしれない……』「……! ……やっぱり……」 その確認を終え、リヤン・フロマとクラルテ・フロマは本当に関わりがあったらしい

 リヤンの言った"やっぱり"と言う言葉

つまりリヤンも薄々気付いていたのだ