パチスロ 宇宙 戦艦 ヤマト 2

パチスロ 宇宙 戦艦 ヤマト 2

「ちなみに彼は今セレンデ王のところにいるわ?この国を離れる前に確認しておきたいことがあるからって……本当はあの人に一番安静にしてほしいのだけれど」「そう……ですよね」 私が目を覚ました時、ししょーはすぐ傍の椅子に腰掛けて眠っていた

最初はホッとしたけど、ししょーが目覚めた時、その惨状に気付いてしまった

 ししょーは怪我こそなかったけど、心が限界を過ぎていた

あなたも好きかも:七 月 七 日 パチンコ
私の腕のことを謝っている時でさえ、自分の精神状態を隠す気力すら失っているようだった

 だからなのだろうか、私は自分の腕のことなんてどうでもよかった

あったのはししょーの心を守れなかった悔しさだけ

 ムールシュトは言っていた

あなたも好きかも:エヴァ13 パチンコ 曲
あいつはししょーに殺されることで、ししょーの心に自分を永遠に刻み付けるのだと

自分の命を以て、ししょーにこの世界が元いた世界と変わらない現実であることを実感させるのだと

あなたも好きかも:アナザーゴッドポセイドン スロット 評価
 ししょーはこの世界を好きでいてくれた

だけど、それでもししょーは元の世界に戻ることを諦めようとはしていなかった

それはししょーにとってこの世界は夢であり、眩しさを、尊さを感じていたからだ

 私はそれで良いと思っていた

私がししょーの傍にいられることが、ししょーと同じように眩しく、自分には不釣り合いなのでないかと思っていたことがあったからだ