ルーレットの勝ち方

ルーレットの勝ち方

Bloggerの推奨事項:

 大きな湯船の中で揺れている感覚に近いか

 けれど、そんなまどろみの中で眠れるほど、二人は子供ではなかった

「仁さんはどうなんですか?」「ん? ああ、どうだろうな

あなたも好きかも:麻雀ゲーム 配牌操作
未熟だ、それに尽きる

僕の技術は耐用年数ってものがあるからな、エミリオンとは違って、面倒だ

自己メンテで追いつかなくなって、技術屋がいなかったら、まあ諦めろ」「そうですねえ」「レィル、そこは頷くところですか」「え? だっていなかったら、それまでじゃないですか

仕方ないと諦めるもんでしょう」「親父殿のような魔術師が、百年周期くらいで発生する確率は極端に低いですが」「そこまでは知らん

僕は今、僕ができることをやるだけだ

壊すなら好きに壊せ

あなたも好きかも:交野 パチンコ 星田
僕はもういないが」「それはそれで困るなあ

核はともかくも、義体技術そのものは音頤でもそこそこでしょう」「パーツ欠損くらいなら、ぎりぎりなんとかするレベルだな

自己修復作用もそう強くはなし、大破しなければどうとでもなるか――と、これはもう説明したか」「あはは、僕も昔ほど無茶はしませんって

全損とはいわずとも、何度か世話になりましたしね」「レイン」「中破六回、大破四回、それ以外が七回」 その内の五回は一ヶ月以内で発生したものだから困ったものだ

「昔の話じゃないですか」「責めているわけじゃない

レインのように大破しなかった場合の方が問題だ」「それだけ慎重だと褒めるところですが?」「らしいですよ」「僕の役目じゃないな」「まったく……」 この男連中は、こうだからいけないのだ

もう少し、しっかりして欲しいものである

リック・ネイ・エンスは実際のところ、口に出して言うこともなければ、誰かと気持ちを共有したいとも思わないけれど、妖魔という存在に関しては、嫌いではなかった