きゅっぷい スロット

きゅっぷい スロット

Bloggerの推奨事項:

 俺の母さんは一番父さんに愛されていたとかで、他の夫人からからすんげえ恨まれてたんだわ

 そんな母さんが…パーティー会場で国王の目に留まっちまってハーレムに引き抜かれてな…アッサリ父さんの事捨ててたわ

 そんで捨てられた父さんは酒に溺れるわ、母さんの子である俺とネイまで恨まれるわ

終いにゃ酒代とか言って俺ら義母に売られるし…親の色恋沙汰に子供を巻き込むなっつーの」 フェイテはスルメを齧りながらぐちぐちと語るが、グラスは開いた口が塞がらない

バジルは酒瓶を抱えながらすでに眠っている

「そんであの日、シャルティエラお嬢様を見かけた時

あなたも好きかも:パチンコ グローブ
なんつーか…「この人だ」って思ったんだよ

 優しそうっていうのもあったけど、この人は信用できる

ネイを守ってくれるって感じたんだ

俺の勘、間違ってなかっただろ? もしあの日お嬢様と会えなかったら…ネイ連れてコ(・)レ(・)持って王宮に行こうかと思ってたんだわ」 フェイテはおもむろに立ち上がり、引き出しから1つのブレスレットを取り出してグラスに放り投げた

あなたも好きかも:スロット 島息子
 それは金で出来ているようで、チャームの部分に何かの紋様が刻まれている

「なんだコレ…?」「んー

現国王の徽章」「……はああああっ!!?」 グラスの絶叫などお構いなしに、フェイテは言葉を続ける

「ハーレムにおいでーって言われた時に渡された