スロット ナンバー ワン

スロット ナンバー ワン

Bloggerの推奨事項:

――怖いからな」 冗談交じりに笑うが、本気だ

彼女は大尉だが、そもそもこのシャヴァ王国軍の中に、椅子を温めるだけの上官は、存在しない

常に、必要とあれば前線に出るだけの実力を、衰えさせずに持ち続けるからこその、階級だ

あなたも好きかも:スロット sacred
そんな彼女でも、恐怖はある

「正直な話をしよう

私の個人的な見解を言えば、お前を失うのは、困る」「恐縮であります」「社交辞令ではないのも、わかっているだろう? 私がこの椅子に座っていられるのは、半分は私の実力であり、半分はお前の働きだ

今までずっと、私の野望のために、右腕としてよく働いてくれた

結果として、内部で敵を作ることになっても、だ」「以前にも申し上げた通りであります、メドラート大尉殿

あなたも好きかも:スロット ウイニングポスト 打ち方
自分は、誰かの役に立つことで、道具として使われている実感が、生きている価値として得られると」「それでいて、お前はコウモリと違って、仕える相手を変えたりはしない、不器用な野郎だ

あなたも好きかも:デメテル ダンまち スロット
本来ならば曹長くらいにはしてやりたいが――お前はまだ、若すぎた」「いえ、自分は今の階級であっても、重く感じられます」「確かに責任は増えるが、な

だがなオボロ、付き合いは五年以上になる

最初は使い捨てなら幼い方が困らないと思っていた私も、幼さを過ぎて若さを持ったお前に、十は年上の私であってもだ、お前には軍以外の生き方も経験した方が良いと、そう思うこともあった」 それは――よく、特に老いた上官や、元軍属の人から、言われていた

若すぎると

軍に骨を埋めるには、まだやることがあるだろう――と

「だからだ

お前が軍を辞めたいと耳に挟んだ時、それは同僚がお前を蹴落とすための告げ口だったかもしれないが、それでもだ

――ようやくきたかと、私は覚悟を決めたよ」「――自分は」「迷っては、いないんだろうな」「は、迷いはありません、マァム」「それでいい

だが、軍を辞めてどうする