テーブルゲーム 棒

テーブルゲーム 棒

Bloggerの推奨事項:

 近くで待機しているであろう二人とまずは合流する

 外に出るのはそれからだ

 落盤を掻い潜って行くのは簡単である

 だがやはり人一人を抱えての回避はなかなか骨が折れた

 こいつの付けている装備が重すぎるのだ

 よくこんなものを装備して動き回れるものだと呆れる

 しばらく洞窟を歩いていくと、目的の人物が見えてきた

 随分離れている場所で待機していたらしい

 落盤に巻き込まれないようにしていたのだろう

ししょ~!」「はぁー……またお前と面突き合わせることになるのか」 ミュラの顔を見たため息をつく

あなたも好きかも:スロット 肩こり 解消
 相変わらずミュラは楽しそうだが、辻間はやれやれと言った様子で持ってきた勇者を乱暴にその辺に捨てた

「これ、上手くいきますかね?」「うぅー! うぅー!」「知らん

あなたも好きかも:パチンコ ヴェガ
というか黙らせろそいつ」「子供になんてことを」 勇者の弟と思われる青年は、洞窟の端っこで縛られている

 勇者を見て何か叫んでいる様だが、口も封じているのでまともには喋れないようだ