蛭子 パチンコ

蛭子 パチンコ

Bloggerの推奨事項:

鏡の物語が発動され、呪いをより一層濃くした私

そして、もうエネステラ由来ではなく大元が許されたために発動可能となったそれを行使する

「──呪域『箱庭理喪郷(エデン・ブレイク)』!」最近見る機会がなかったけれど、それは神域との組み合わせが強すぎたから

でも、全ての非科学(論理)を否定するこの楽園は十分に理不尽過ぎる

あなたも好きかも:京王多摩センター パチンコ
確かに削られていくラスティの骨格……その構造を見ながら私は声を上げる!「本当に機械ならば!私が機械だと思っているならばっ!」ラスティの銃剣突撃を呪素と呪祟で弾き、瀕死寸前のhpを原点には近づけまいと足掻く

それは私のたった一人の隘路にさしかかった『相棒』を引き戻すため!「この呪いはラスティを蝕まない!私は示した!この世界の全てが現実(ユメ)だって!」今も呪域によってこの世界まるごとが削られている、という事実が示すのは『この灰色世界』を私は物理法則由来のものだと認識していない、ということ

そして、物理法則由来……論理由来でない神秘(感情)を纏っているラスティにも、その攻撃はきちんと入る

「わかりました!わかりましたよ!花奈(マスター)の言いたいことはこれでもかと伝わりました!じゃあこれが最後の質問です!」敢えてか、それとも感情を演算しているせいで治す余裕すらないのか、損傷をそのままにラスティは疑問を呈する

攻防が止み、呪いと科学が対流し、せめぎ合う世界の領域対決

あなたも好きかも:世田谷 パチスロ
それはまるで論理と感情という永遠の二項対立を表しているようで、その実情はどちらも灰色のまま

その答えを見ることは永久に出来ないのだから

あなたも好きかも:スロット勝てねー
万象が一つに纏まるなんて、そんなことはないから

もしそうならば、私の『定義』なんていらない

未定義が、不可分があるからこそ、定義という境界が輝く

定義が、既知があるからこそ、境界の境目が際立つ

論理と感情はどこまでも平行線で、どこまでも垂直に交わる三次元以上の構造!それを高々三次元で生きている私達が完璧に想像出来ると思うほうが間違い!「私はっ!私という生命体(・・・)は何のために生きればいいですか!?」自身が生命体であることをついに認め、その上で最後の質問をぶつけてくる

それは人間ならば誰しも考える原初の疑問であり、大半の人が答えを出せないまま進んでいく魔の問題

それの答えを述べるには、経験が浅すぎるから