スロット 花火 設定差

スロット 花火 設定差

「《甦造恐怖》」『御伽之城主(ミッシング・エリア)』効果で強化されていることもふまえて、何かしらの影響を及ぼせる可能性があると魔銅の恐怖を復古させる

こうしている間にもコントラディクトでヘドロスライムはで続けているわけだけど……その悉くを私の影姫が処分してくれている

あなたも好きかも:栄光商会 パチンコ
剣に、槍に、分身に、砲撃に、様々なものを立て続けに処理する必要が出来たオリジンはその全てに対処し続けられわけなく、一つまた一つとあたっていく

だけど、これだけで終わるならカタストロフィーなんていう名誉なんだか不名誉なんだかわからない称号は貰えないはず!そんな予測に違わず……「《千夜一夜(リアニハウィ・ライラ)》」そう呟くと同時に私の攻撃全てを無視して、地上に落ち……彗星として墜ち始める

このままだと爆心地にいることになるので、置き土産ばかりに『水星』を使い、気温を上げておく

「《生誕金属(グラウンド)》」普段よりも強化された魔銅剣が私の手に収まり、strが1000を越える

そしてその代わりとしてクレルモンを太ももに付けていたメイド用暗器入れに入れておく

なんでこんなものがあるのかはアリスに聞いてほしい

そんな下らないことを考えていると、上空からの刺客が地面に追突し、土埃を巻き上げる

あなたも好きかも:名古屋駅周辺 パチンコ
その埃の中で黒い流動的ヘドロがぐるり、と循環したような錯覚を覚えると同時に……「────征討六連撃」今の私……強化『舞踏城(タンゼンシュラウス)』のかかった私でも認識するのがギリギリな速度で突進をしてくるオリジン

───回避の一撃

100%!の(MISSING)勘と、オリジンが元いた場所と私とを結ぶ線分上に剣の軌道を被せることで後ろに押されながらも……何なら吹き飛ばされながらもその攻撃をいなす

──退避のニ撃