エウレカ パチンコ 新台 設置店

エウレカ パチンコ 新台 設置店

 そんな考助の様子を見て、ミアがため息をはいた

「・・・・・・父上は、こうなっていると予想していましたね?」「まあねえ

雪が積もるってことが実感できないと、こんなことも予想できないだろう?」 ミアの問いかけとは微妙にずれた回答をした考助だったが、これはわざとだ

あなたも好きかも:大花火 スロット アプリ
 考助の口から説明させるのではなく、自分で一つ一つ体験していきなさいと言外に示しているのだ

 そのことをきちんと察したミアは、もう一度ため息をついて目の前の光景を見た

 厩舎が全く使えない状態だという事は分かったので、代わりの物を建てないといけないのだ

 ちゃんと周りの状況を見て、どう言ったものを建てればいいのか考える気になったようだ

「・・・・・・そもそもこの建物をそのまま使うのは・・・・・・

あなたも好きかも:スロット ダウンロード
ああ、駄目ね

あなたも好きかも:スロット 番長3 金閣寺
外からはともかく、中から外には出ることが出来ないですね」 埋もれている厩舎を見ながら、そんなことをぶつぶつと呟きながら、ミアが色々な角度から検討を始めた

 その姿を考助の横に立って見ていたミツキは、ミアは間違いなく考助の子供だと考えていたが、それを口にすることは無かった

 ミツキがそんなことを考えているとも露知らず、考助がふとミアに疑問に思ったことを聞いた

「そう言えば、神水は置いたの?」「ええ、勿論です・・・・・・って、ああ!?」 当然だと頷いたミアだったが、神水に変わっているはずの小さな泉は、ものの見事に雪の下に埋もれていた

 それを見たミアが、流石に落ち込んだように肩を落とした

「なんか、全然だめですね・・・・・・」 そんなミアの肩を考助がポンとたたいた