パソコン 光 パチンコ

パソコン 光 パチンコ

交流こそあるものの、手合わせなどをしたことがあるわけではない

少なくとも神加が物心ついてから小百合や真理と長谷部が手合わせなどをしたことはないのだ

あなたも好きかも:お天気スタジオ パチンコ
そんな状態で、手の内も実力もわからない状態で戦いが満足に行えるとも思えなかった

「ってか、そもそもこの場所を戦いの場にしちゃだめなんじゃない?ここ一応町中だよ?もし何かあったら間違いなく大変なことになるよ」「確かに

相手の数がかなり多くて一般人へのカバーストーリーとかもできてるってなると・・・ただ戦うだけじゃダメか・・・・」相手が一般人への対策もしていた場合、単なる戦力だけでは別の方向からの攻撃、一般人としての逮捕という可能性だってあり得る

そういったことをさせないためにも、こちらも情報系の人物を押さえておく必要がありそうだった

あなたも好きかも:パチスロ リノ 逆押し
「かもしれないね

でも戦力が必要なのも事実だよ?このままだと全面戦争待ったなしって結果にもなり得るけど・・・やっぱり戦闘だけじゃなくてどうにか情報的なこともまとめられる人が必要になると思う

しかも、これは憶測だけど、内部の人間ばっかりに頼むと、本部からの妨害があるかもしれないよね」「確かに・・・となると、別の誰かの手を借りるしか・・・」そう考えた時に神加は一つ思いつく

あなたも好きかも:矢部あや パチンコ
とはいえこの手を使うのはあまり褒められたことではないかもわからない

そもそもその人物は完全な部外者だ

はっきり言ってしまえば他人だ

交流はあっても、そこまでする義理はないに等しい

何よりそれを了承してくれるかどうかもわからない

だが頼んでみる価値はあるのだ

なりふり構ってはいられないというのが実情だ

取れる手段は何でもとる

神加の中には一種の決意が秘められていた