香椎 パチンコ バイト

香椎 パチンコ バイト

しかし、公也ならば実は不可能ではないということであったりもするが……そのあたりのことは不死の女性も公也も知らないことである

「そういえば……まだ名前も聞いてなかったな」「こちらもそちらの名前、聞いていませんね」 お互い正式な自己紹介もろくにしていない

その状態で契約を、ということ自体変な話ではないだろうか

「俺は公也・アンデール」「私はエリファです」 そういうことで名前だけをとりあえず伝いあい、お互い契約を成立させるために動く……そもそもどうやるのか不明なものである

あなたも好きかも:バイオ ハザード 7 スロット 動画
夢見花みたいな魔法、その関連系統に極めて長けた技術や知識を持つ存在がいなければこの契約は成立しなかっただろう

まあそもそも言い出したのが夢見花当人であるのだからできないほうが困る話であるが

あなたも好きかも:スロット 黄門ちゃま喝 天井恩恵
契約といっても別段特に何かが変わるわけではない

不死の女性、エリファにとっては魔物……それも一部特定の魔物、公也との縁を持つ魔物であるヴィローサ、メルシーネ、ペティエットなどに関しては特にその敵意、本能的反応が働かなくなる程度の違いでしかなく、魔物であるという事実だけでメルシーネに対しての反応が完璧に消えるわけではなかったりする

あなたも好きかも:亜人 スロット オリジナルキャラ
ただ自意識でしっかり抑え込めるという点では今までとは違う

公也なしでメルシーネと会ってもとりあえず攻撃せずにいられるという点ではそこそこ大きな影響と言えるだろう

契約による変化は本当にそれくらいで、主である公也側も特に何もないし従の側であるエリファ側も精神的変化以外の物はない

命令でもあれば束縛というかそれに従うような精神的な圧みたいなものは感じるかもしれないがそれ以上の物はおそらくないだろうし絶対服従というわけでもない

そもそも根本的に契約は相互の物で上位下位を決めるものではない

お互いの存在的な強さの違いゆえに上下、主従の形があるが、そもそもが主従関係ではなく縁をつなぐことを目的としたものである

まあそういう形で契約は結ばれた

「さて……当初の目的は何だっけな」「この地に拠点を築くことなのですね

生活目的ではないですけど、転移のための場所になるのです」「建物を建てて隠蔽、あるいはもともと隠れた場所に構築する

この場所には魔物がいないから危険は動物くらい、ある程度頑丈に作れば安全は確保できる