アリア スロット ヒステリアモード

アリア スロット ヒステリアモード

今終わりにされるともう一度こうしてお話ししなければならなくなりますよ

えーと、離宮育ちということは、神官長は外国の血が入った王族ってことで間違いないですか?」 話を打ち切られては困る、とわたしが質問すると、神官長がゆっくりと息を吐いた

あなたも好きかも:帯広 スロット リノ
「比較的濃く王族の血を引いているが、洗礼式をエーレンフェストで行ったので私は王族ではない

私に母はなく、父は先代アウブ・エーレンフェストだ」「どうしてエーレンフェストで洗礼式を行ったのですか?」「時の女神のお導きだそうだ

……父上がそうおっしゃった」「はい?」 神官長の口から出てくる言葉だとは思えず、わたしは思わず素っ頓狂な声を上げる

神官長は「不思議だろう?」と静かに言いながら、何かを思い出すように軽く目を伏せた

「本来ならば、私は洗礼式前に死んでいるはずだった」「え?」 神官長によると、アダルジーザの実が女ならばユルゲンシュミットの姫として育てられるけれど、男だった場合はランツェナーヴェに一人だけが帰され、王位に関わりそうな立ち位置に王子が多く残るのは困るため、それ以外は秘密裏に処分されるのだそうだ

「父親が引き取るのならば、生き延びることもできるが、多くの場合は引き取りを拒否する

男側からすれば本当に自分の子かどうかもわからぬ上に、普通は妻がいて不和の元になるからな」 どうして自分を引き取ったのか、という質問に先代のアウブ・エーレンフェストは「時の女神のお導きだ」としか答えてくれなかったらしい

あなたも好きかも:ばくさい はるか バカラ 大阪
「必ずエーレンフェストのためになる、と言われたそうだ」「へぇ、不思議な話ですけれど、実際、神官長の存在がなければ今のエーレンフェストはなかったでしょうから、時の女神がおっしゃったことは間違ってはいませんね」 さすが女神様、とわたしが何度か頷いていると、神官長は虚を突かれたようにわたしを見つめる

あなたも好きかも:玄海 パチンコ
「君はこのような荒唐無稽な話を信用するのか?」「え? 神に祈れば春が来て、神に祈れば武器が変化するような不思議が起こる世界では荒唐無稽でも何でもないと思います」 何を今更、とわたしが目を瞬くと、神官長は信じられないものを見るような目でわたしを見る

「君については深く考えても無駄だとわかっていたはずなのだが、やはり驚くな」「そうですか? それで、アダルジーザの実ということで何を言われたのですか?」 わたしが話を戻すと、「忘れていなかったのか」と神官長が忌々しそうに呟いた

「いくら私がエーレンフェストの出身で王族とは言えず、王位には全く興味がないと言ったところで、グルトリスハイトを持たぬ今の王にとって、王族の血が濃く、聖女を通じてグルトリスハイトを探させているように見える私が至極危険な存在であることに変わりはない」「え?」「君がヒルデブラント王子に言ったのだろう? 王族しか入れぬ書庫の話を」「またわたくしのせいですか!?」 おおぉ、と頭を抱えると神官長は仕方がなさそうに軽く息を吐いた

「王に恭順の態度を示すならば、行動で示せと言われたのだ