仕事 終わり パチンコ

仕事 終わり パチンコ

 それに合わせるように、小屋にいる人達が慣れた様子で魔法の詠唱を始めた

 辺りはうっすらと暗くなり、ガラスだけがキラキラと光り輝く

「綺麗……」 カガミがウットリした様子で呟く

あなたも好きかも:ガルパン スロット 戦車道 始まり
 魔法の詠唱が続くにつれ、ガラスの粒はふわふわと浮き上がった

 なるほど、このための楽器だったのか

あなたも好きかも:パチスロ オフ 会
 複数の人間が同時に一つの魔法を詠唱するときは、声をそろえなくてはならない

 声がずれてしまうと魔法が発動しない

あなたも好きかも:横浜 カジノ 林市長
 だから、リズムをとり、テンポを合わせる必要がある

 そのための楽器

 楽器を鳴らし、合唱するように、テンポを合わせる

 綺麗な竪琴の音色に合わせ、魔法の詠唱は続く

 歌うように、小さな声で続く詠唱に沿って、宙に浮いたガラスはまるで生き物のように動いていた

「これからどうなると思いますか?」「ごめんなさい

予想もできません」「はは

少し意地悪な質問でございました

ここにあらかじめ作っておいた部品がございます」 そう言って女主人は自らの手に小さいな何かを置いて、ノアに見せる

「小さな家と、1本の木?」 ノアが見たままをつぶやく

 そう、彼女の手のひらには小さなミニチュアが置いてあった