岩田屋 バカラ

岩田屋 バカラ

この臭い、シールドラットですね』 タツオと弓花も周囲に対して構えて戦闘態勢を取る

「お?」 風音が声を上げる

周囲を移動する気配とは別に、何かが迫ってくるような振動を感じたのだ

それに弓花もタツオも気付いて風音へと視線を向ける

これって」「うん

ふたりとも、線路には下りないで

さすがにぶつかったら痛いじゃ済まないよ」 その風音の言葉とともに、通路の先からライトの光が見え、同時にプラットフォームの隙間から飛び出す影があった

それは巨大な甲殻を纏ったネズミ、シールドラットであった

あなたも好きかも:カジノ ディーラー 英語
その数は十を越えている

あなたも好きかも:オンラインゲーム 自鯖
「え、いた!?」 また、同時に弓花が叫んだ

あなたも好きかも:めぐり会い ブラックジャック
 風音は一瞬、その言葉の意味が分からなかったが、列車の前列に動く影があるのが見えて理解した

列車の中に隊員たちがいたのだ

「乗ってる? 列車は……止まらないか

あ、弓花ッ」「ここは任せた

乗るわよ」 言葉少なく弓花がそう言って走り出し、シールドラットからは背を向けて走り去る列車へと飛び乗った

それを見てタツオがくわーっと叫んだ