アヌビスのアンク

アヌビスのアンク

調子はいいぞ」ホッとした顔になったナンスナーは「ならいいんだ

そのバカを引き離そうか?」相変わらず俺の身体を調査しまくっているセイを見る

「いや、自分でやるわ

あなたも好きかも:レベル5 オンラインゲーム
おい、セイ、もういいだろ」「……いや、ちょっと待て股間とかどうなってるんだ? あと尻も見たいんだが……」「いや、別に普通だぞ

そこらへんは元のままだ」「ほんとかー?セイ様、メタユキの銀色の尻を 見たくなったがー?」苦笑していると、真っ赤になったナンスナーが立ち上がってセイを指さし、いきなり激怒する

「おい、バカ!その辺りにしとけ!」「なんだ雑魚ロリ!」「おーみんないますねー……ひゃっ、お、おおおお おおおおおお父しゃん!?」さらにナーニャも帰ってきて部屋の中はもう何が何やら分からない状態になりつつある

あなたも好きかも:スロット 平
とりあえず、怒鳴り合うセイたちは放置してまずはナーニャに、この数時間で何が起こったのか簡単に説明する

あなたも好きかも:スロット 初代番長
「むむむむ……銀海老さんとくっついたの? それは結婚とは違う?」真剣な眼差しで尋ねてきたナーニャに笑いそうになりながら口を押えて「違うよ

銀海老が、お父しゃんの弱ってる身体を 守ってくれたんだよ」「そうかー結婚と違うならいいよ

 でさーくっついたのは取れるの?ずっとそのまま?」「……ずっとこのままではないと思うけど 今は分からないな……」そうだと信じたい

とりあえず夕食を食べようということになり近くでつかみ合いの喧嘩を始めたセイとナンスナーを横目に、ナーニャと一緒に食べる

ナーニャと夕食を食べ終えたころにアシンとノアが帰ってきた

「あ、父上、練習をしていました」「父さん、新しい曲がえっ……」所々金属化している俺が振り返ると二人は唖然とした顔をする