偽物語 スロット エピソード

偽物語 スロット エピソード

Bloggerの推奨事項:

ちょっと、医療部行ってくる」「歩けます?」「そのくらいは」 立ち上がろうとして、改めて倒れ込む

 自分で自分が制御出来ない状態で、このまま倒れ込んでもおかしくはない

あなたも好きかも:山科 パチンコ バイト
「何してるんです」「腰が抜けた」「仕方ないですね」 意外と簡単に私を背負い、医療部までやってくる大山君

 そういう柄ではないとか恥ずかしいという意識は殆ど無く、第一今が夢なのか現実なのかの判断すら出来てない

 彼の手を借りて診察室へ入り、白衣姿の医師と向かい合う

 雑然としたデスクには凪や私のデスクにもあるミニチュアのツリーが置いてあり、ここにもささやかなクリスマスが来ていると実感出来る

あなたも好きかも:オンラインゲーム 処理落ち 原因
「脱水症状と、栄養失調ですね

それとアルコールが若干検出されてるから、酔いが回ったと思います」 淡々と告げる若い男性の医師

あなたも好きかも:パチンコ 足立区パスカ
 そう言えばあのビールが、今日始めて口にした食べ物だった気もする

「二三日入院して、静養して下さい」「今、忙しいんですけど」「ああ、クリスマスか

羨ましいな

僕は、72時間の連続勤務だよ」 明るい顔で、怖い事を教えてくれる医師

 72時間といえば、3日間

 労働基準法とか、医師法に触れないのだろうか

「とにかく、今日は入院してもらいます