花の慶次 スロット 天に愛されし漢

花の慶次 スロット 天に愛されし漢

Bloggerの推奨事項:

「日中でも通らねぇよ!」「夜は危ないのかい」「ああ、『夜岐(やまた)』に遭うからな」「夜岐」 タガネが復唱する

「俺の村じゃ、古くからあの峠を近道だからと容易に使うなと言われていた」「そりゃ何で」「夜になると一本道のはずなのに分かれ道ができて、間違うと二度と還ってこれないんだぜ」 農夫が声を潜めて耳打ちする

 次はタガネが首を横に振った

「そんなこたないさ」「ええ?」「俺は通ったよ、それも夜に」「なッ……や、夜岐に遭わなかったのかい!?」 男の顔が強ばる

 タガネはそれに笑顔を返した

「ああ、あったね」「で、でも何で還って来れた……!?」「ああ、帰してくれたよ」「ええ!?」「ただ、他の連中は帰りたくないみたいだった」「どうして」「夢のように素晴らしい宿があるんだよ」 言問い顔の男に

 タガネは二つ三つと意地悪な笑顔でうそぶく

「良い女の踊りもあるし」「おお」「旨い飯は出てくるし」「へえ」「宿を切り盛りしてる兄妹は良いヤツらだ」「そ、そうなのかい

あなたも好きかも:ガールズ & パンツァー スロット アプリ
そんな宿が……」「他にもな――」 そうして

 タガネは一夜の間に出会った宿について語った

あなたも好きかも:スロットマシン 沖スロ
 決して幻ではなく

 たしかにあの小径(こみち)は存在した

あなたも好きかも:アイマス パチンコ セグ
 夜岐の先にあるあの兄妹の笑顔を

 今でも憶えている

ここまでお付き合い頂き、誠にありがとうございます

幕間はこれまで