2 ちゃんねる スロット 店

2 ちゃんねる スロット 店

Bloggerの推奨事項:

 この手の報告を最初にしたのは第13師団付属驃騎兵第8「ヴェストファーレン」連隊のシュトゥンム少尉で、「午前10時45分、マルシリー付近から望見

敵はアル=ラクネイー、コワンシー、ノワスヴィル、コロンベイ、ロヴァリエール(ヌイイ南1.5キロ)及びヴァントゥー(ボルニー北2キロ)等々陣地より徐々に退却するように見える」というものでした

あなたも好きかも:オンラインゲーム 難民
 これに続く有力な報告として、普第2師団長グスタフ・カール・ルートヴィヒ・レオポルト・フォン・プリッツェルヴィッツ少将が午後12時15分、グラ高地(サント=バルブ南)からの観察として「敵はボルニー付近の野営を撤去し出立しつつあり

しかし、ヴレミ、ポアックス、セルヴィニー(=レ=サント=バルブ)、ノワスヴィル及びモントワ(=フランヴィル)の各小村にはまだ歩兵が望見出来る」との報告を第一軍本営に伝達しました

 これらの報告を受けて参謀偵察を行ったのは第2師団の参謀フォン・ヤローツキー大尉で、午後3時において既に仏軍がヴレミから退去し、そこからサン=ジュリアンを結んだ線より北と東には敵が存在しないことを確認するのでした

 午後3時30分には普歩兵第2師団所属の竜騎兵第10「オストプロイセン」連隊の各中隊は、敵がセルヴィニーの野営地よりメッスへ向かったことを確認、また、午後4時には騎兵第3師団の斥候がシユとグラモンの森(ボア・ドゥ・グラモン

サン=ジュリアン北東)周辺の野営地から撤退したことを確認したのでした

 これら第一軍右翼側の報告と同じく、左翼側からも仏軍撤退の報告がにわかに相次ぐこととなります

あなたも好きかも:つくば みらい パチンコ
 騎兵第1師団長のハルトマン将軍は午後12時30分、メクルーヴ北の高地からの観察として「敵の陣地はペルトルとメルシー=レ=メッスの南方に未だ存在するが、その他メルシー~メッス間に点在する野営からは既に目立つ部隊は退去した模様」と報告、追って午後1時45分、「敵の諸兵種、メルシー=レ=メッス付近より退却する様子が明瞭となった」と重ねて通報したのでした

 これらの報告はほぼ正確に仏軍の行動を伝えており、第一軍本営は14日午後の早い時間には仏軍「総退却」の状況を察知していたこととなります

 この第一軍首脳の中で、素早く行動し状況を確認・把握しようとしていたのが第1軍団長のフォン・マントイフェル大将でした

 将軍は午後2時頃に北部最前線へ騎行し、自ら敵の退却行軍を観察しましたが、仏軍の動きはマントイフェルの眼には「第1軍団の前面から南側へ旋回し普第7軍団の戦線を攻撃するか、更に南の第二軍戦線を攻撃する」機動にも映るのです

 マントイフェル将軍は「まさか」消極的な敵仏軍が攻勢を取りはしまい、とは思いつつも「万が一」を考え、即座に麾下第1と第2師団に対し伝令を送り、「緊急集合し戦闘準備を成せ」と命じたのです

あなたも好きかも:ラッセン パチンコ
 このように、マントイフェル将軍が陣取る戦線北部では、仏軍の「意図」が計り知れない、ということがありましたが、その南側、フォン・ツァストロウ大将の陣取る戦線南部、特に前衛となった第13師団の男爵アレクサンダー・エデュアルド・クーノ・フォン・デア・ゴルツ少将の眼には敵の動きが良く見え、ゴルツ将軍は「敵はメッス前面の陣地を撤収し、要塞方面へ退却すること間違いなし」と断じたのでした

 ここに再び(良いか悪いかは置いておき)普軍の「特徴」とも言える「独断専行の連鎖」が始まるのです

 午後3時過ぎ