パチンコ みなみ

パチンコ みなみ

興味のない分野の事柄は本当に理解しがたいのだ

これが日々の記録をつけたただの日記だったらどれほどよかっただろうか

せめて一日にどのようなことをしたのかをまとめるくらいのことをしてもよいのではと考えたが、これを誰かに見せるのならばまだしも、研究用として自分が見るだけなら大抵のことは覚えてしまっている

誰に文句を言われるわけでもない、自分が理解できているのであればこれ以上改善する必要もない

そのため内容も状況も知らない第三者が見た場合には非常に見難い研究日誌となってしまっているのである

「あ、この日付去年の六月ごろね

あなたも好きかも:モンハン スロット 背景
ここから先が怪しいかも」「オッケ、んじゃそっちは任せた

あなたも好きかも:自宅 パチンコ
こっちは・・・三年前の日付だな・・・これは違う・・・っと・・・」知りたいのは堤の妻子が殺された八月末、その前からの記録である

文は運よくそれに近い記録を見つけることができていた

あなたも好きかも:パチスロ 偽物語 よつぎタイム
康太はとりあえずすべての本に記録されている日時を確認して文が見ている日誌以外に目的となる日時に近いものがないかを探していた

「えぇと・・・内容は・・・やっぱり薬学関係のことばっかりね・・・少なくとも最近あった事象とかは書いてないわね・・・?」「最新の日付は?六月から先はなんかあるか?」「ちょっと待ってね・・・あ、七月の頭があったわ・・・ここから先を重点的に・・・あ、ちょっといい感じのこと書いてあるわ

素材の採取中にほかの魔術師と接触したって・・・特徴も書いてある」「見つけたか