健軍 パチンコ屋

健軍 パチンコ屋

あなたも好きかも:パチンコ 羽 もの
眠り込んでしまっている事では無い

いや、コレも大概変というか大事なのだが

何と言ったら良いのだろうか…………何か

何かが足りないと言うか、弱いと言うか、少ないと言うか……低いと言うか……?「……ミラ? おい、大丈夫か? ミラっ⁉︎」 低い

あなたも好きかも:寒川 パチンコ グランドオープン
そうだ、低い低すぎる

いつも背中に感じているあの子供らしい高い体温が今朝は随分低い

病院! いや、待て……クリフィアの時みたく勘違いだったなんてオチも……いやいや! 本当に何かあってからじゃ遅いって‼︎ 僕は貼り付いたままの少女を器用におぶって起き上がった

そして足を踏ん張って立ち上がると、ぐわんと視界が歪んだ

コレにも覚えがある

恐怖や不安は簡単に体調に影響を……「……アギト? 何……もう朝…………アギト?」「ミラっ! 良かった起きた……どっか悪いとことか無いか? 昨日あんな無茶して……あれ……?」 安堵してまた視界が歪む

あなたも好きかも:デビル スロット ゾーン
コレは……知らない

涙で見えなくなったのでは無い

そしてなぜ僕は膝をついて……? 安心して気が抜け…………「ちょっ……アギト! 横になんなさい! ほら、布団戻って!」「……布団? なんで……今日は早くから…………ミラ? 何で倒れ…………——」 ミラはそのまま後ろに倒れて……天井……? ああ違う

倒れたのは僕か

というか……そうか

はじめを間違った

ミラの体温が下がったんじゃ無くて、僕の体温が上がっていたのか

ようやく自分の体調不良に気付いたのは、青い顔で覗き込んできたミラが、アンタ顔真っ青じゃない! なんて言った時のことだった