ガレイゼロ スロット 画面

ガレイゼロ スロット 画面

その周囲への攻撃を止めるには、発症者の息の根を止める以外に方法はなく、また、ただ単に息の根を止めただけではどうにもならなかったりもする

白化症がある程度まで進行すると、白化し、変容した部位の中に“核”と呼ばれる新たな心臓が作り出され、その“核”を破壊するまではどれだけ肉体を傷つけても、無限に再生するからだ

故に徹底的な破壊を行うしかない

それはもはや、元人間への仕打ちではなくなるが、致し方のないことだった

あなたも好きかも:ピラミス
そこまで症状が進行した人間を神人と呼び、獣を神獣と呼んだ

また、白化症に冒された皇魔を神魔と呼ぶこともあった

“大破壊”後、リョハンを襲った大混乱の大本が白化症に関連する騒動だった

白化症を発症し、神人化した市民への対処には、様々な批判が寄せられたものだ

ファリアは、その混乱を鎮めるために戦女神になったようなものといっても、過言ではない

それほどの恐慌が起きたのは、当然のことだ

あなたも好きかも:スロット 天井期待値計算
白化症の原因は、そのときはまだ不明であり、明らかになったいまも、市民には明かされなかった

明かしたところでどうなるものでもなく、また、守護神マリクが対策を取って以降、リョハン内で新たに発症する可能性が限りなく低くなったからだ

 マリクいわく、白化症の原因は、神の威力――神威だという

 純粋な神威は、神以外の存在にとって猛毒そのものであり、多量に神威を浴びたものは、生物無生物にかかわらず、原型を失い、変容するというのだ

そして、“大破壊”後に白化症患者が激増したのは、“大破壊”とともに多量の神威が世界中に満ち溢れたからだ、ということも

 マリクに守られたリョハンでも白化症患者が発生したのは、マリクがまさかそのようなことが起こるとは想定してもいなかったためだ

世界が壊れることなど、想定しようもない

その上、世界を震撼させるほどの神威が満ち溢れるなど、だれが想像できよう