パチスロ ゴッドイーター2

パチスロ ゴッドイーター2

ロケットランチャーで足りるだろうか?「よし、脱出しよう

ケガはないか?」「うん、大丈夫」「ステラも大丈夫です」 どうやら怪我はしていないらしい

 いつの間にか、砂嵐は収まりつつあった

荒れ狂っていた砂塵たちが大人しくなってくれたおかげで、墜落したスーパーハインドの周囲の状況が良く見える

 ここで戦車部隊が奮戦してくれたのか、スーパーハインドの周囲にはレオパルト2やマウスの残骸が何両も転がっていた

ブレスト要塞は壊滅してしまったが、守備隊は敵部隊に大打撃を与えてくれたらしい

あなたも好きかも:パチンコ 廃墟 理由
 大穴を開けられたレオパルトの残骸を見ながらそう思ったが、俺はすぐに違和感を感じた

 戦車部隊が奮戦したにしては、味方の戦車の残骸があまりにも少なすぎる

しかも転がっている戦車の残骸は、125mm滑腔砲を搭載したT-90やT-72B3の残骸のみ

あなたも好きかも:パチンコ ルパン 三世 激 アツ 演出
152mm滑腔砲を搭載したチョールヌイ・オリョールでなければ、マウスの撃破は難しいだろう

 要塞砲で撃破されたわけでもないらしい

「タクヤ、あれ…………!」「…………こいつか」 ステラが指差した方向に――――――――ここで数多の戦車を食い止めた、超重戦車が鎮座していた

 普通の戦車に搭載する主砲と言うよりは、駆逐艦や戦艦に搭載されているような連装砲を搭載し、160mm滑腔砲の直撃すら防いでしまうほどの分厚い複合装甲に覆われた巨体

あなたも好きかも:スロット 鏡 設定6
 そこに佇んでいたのは―――――――ブレスト要塞に配備されていた、シャール2Cの『ピカルディー』だったのである

 元々は歩兵の進撃を支援するために採用した無人型超重戦車だけど、ステラの要望でマウスを撃破できるように武装と装甲が大幅に強化され、最終的にテンプル騎士団の切り札の1つとなった怪物だ

第二次世界大戦勃発前に開発された旧式の兵器であるにもかかわらず、近代化改修を何度も繰り返したせいでコストは駆逐艦やイージス艦に匹敵するほど高くなっており、テンプル騎士団でも10両しか運用していない

 そのうちの1両が、こいつだ