サザンアイズ スロット エピソード

サザンアイズ スロット エピソード

 木村に問いかけられて困ってしまうノエル

彼女は活発な性格になったとはいえ、シュタージに入隊することになってからまだ日が浅い

あなたも好きかも:昭島 パチンコ店
だからまだこっちのメンバーには馴染めていないようだ

 話しかけて馴染ませようとする努力は問題ないが、もう少し優しくしてやれよ、バカ

タクヤに粛清されるぞ

「あはははっ

あなたも好きかも:デイライト スロット
大丈夫だよ、ノエルちゃん

こいつバカだから気にしなくていいよ」「ば、バカなの……………?」「ちょっと、坊や(ブービ)ぃぃぃぃぃぃぃ!? 仲間を売らないでください!!」 騒がしいな、こいつら

仲の良い若者の集団に見せかけるための演技なら問題ないが、俺たちは敵の本拠地に潜入してるんだから、もう少し目立たないようにする気配りをしてほしい

俺たちは諜報部隊(シュタージ)なんだから

「そういえば、今夜の宿屋はどこだったかしら?」 すると、唐突に俺の手を握っていたクランが冷静な声で呟いた

きっと彼女は拠点にする場所のことを俺に聞いているんだろう

あなたも好きかも:ブラックジャック ファルコン
さすがに四六時中街の中を歩き回るわけにはいかないし、宿屋やホテルを拠点にすると記録が残ってしまう

 幸いこの街には労働者が多く、そういった労働者向けの貸家やアパートが乱立している状態だ

もう既にモリガン・カンパニーの諜報部隊が労働者の一団を装い、その中で使用されていないような空き家を調査していたという

俺たちにもそのうちの数ヵ所が割り当てられることになっており、諜報活動の拠点はそこになる

 もう既に本拠にする場所とセーフ・ハウスに利用する場所は決めてある

俺たちの今の格好は労働者なので、会話の中では〝拠点”ではなく〝宿”という隠語を使って誤魔化すのも大切だ