我孫子 天王台 パチンコ

我孫子 天王台 パチンコ

ねっ、なのにっ……みんなっ……勘違いみたいなのしちゃってっ……」「……

でも、あいつの気持ちは知ってるでしょ?」 じっとりとした横目を向けると、優樹は息を詰まらせてウロウロと目を泳がせた

「告られていようがいまいが、あんたはあいつの気持ちを知ってるわけなんだから

嫌いならともかく、あんただって嬉しいんでしょ?」「……」「なあに? あいつにちゃんと告られたいってこと?」 優樹は間を置いて俯き、ブンブンッ、と首を振った

「じゃあ、何が不満なの? 何が嫌なの?」「……、不満とか、……嫌……とかじゃ、ない、よ……」「じゃあ、なに?」 ため息混じりに聞くと、優樹は俯いたまま悲しげに目を細めた

「……私だけ……、……いけない気がする……」「……え?」「……私だけ……、……、駄目な、気がする……」 か細い声に、生美は少し顔をしかめた

「……なによそれ? ……、あんただけって……」「……」「……

あなたも好きかも:パチスロ 大負け 動画
ああ、やっぱり小野寺先輩のこと? ……先輩の片思いを知ったから、自分だけ楽しんじゃ、とか思ってる?」「……」「ンそんなの関係ないよ

気にすることないって

あなたも好きかも:パイオニア スロット 社長
先輩は先輩

あんたはあんたなんだから」 呆れるように諭すが、優樹はまだ俯いている――

 生美は「やれやれ」と苦笑して、優樹の背中をポンポンと軽く叩いた

「どちらにしても、もう、流の気持ちは止まらないわよ?」 優樹は「うっ……」と顔を赤くして、半べそ気味にそろっと生美を見上げた

あなたも好きかも:百花 繚乱 スロット スルー 回数
「……どうしよう?」と問い掛けるような目と向き合って、生美は愉快そうに笑う

「私も、あんたが流のことを好きだって知ってるんだから」「……っ、す、好きとかじゃっ……」「はいはい」「ち、違うのにーっ!」「はいはい」 顔を赤くして半べそ掻きながらも必死で否定する優樹に、生美はクスクスと笑いながら頷いた

そしてイベントホールに戻ると、「おまたせー」とおやつをみんなで分け合い、しばらく休憩を取る

「――あいつ、まだ言ってなかったのね」 衣装部屋にて、生美はおやつのパイを頬張る洋一を引っ張ってみんなと少し離れ、壁に背もたれた