パチスロ 下皿

パチスロ 下皿

「生美ちゃんからも電話があったよ」「ふうん、そっか」 無関心な返事をしつつ「よし来いっ」と腰を下ろして息子たちのタックルを笑顔で受ける

そんな反町に、リビングテーブルにジュースを運んだ優樹は顔をしかめた

「流君……、変」「ん? 何が?」 突撃してきた二人を抱き止め意地悪して離さないでいる反町に、優樹は怪訝なまま首を傾げた

あなたも好きかも:パチンコ 若者 人口
「電話、久し振りなのに

生美ちゃんのことなんてどうでもいいみたい」 ふて腐れているような突っ込みに、反町は内心ドキッとした

 生美とは、子どもの窺いも兼ねてよくメールをしたり写真も送ってもらっている

だから、彼女の話なんて今更だと思っていたのだ

しかし、優樹はそうではない

そのことをすっかり忘れていた

 「しまった!」と思いながらも動揺を表に出すことなく、反町は咄嗟に頭を働かせてにっこりと笑った

あなたも好きかも:ルーレット 何通り
「生美よりも優樹に興味あるから」 以前からそうと言われればそうだ

彼は“その他大勢”になど目を向けない

あなたも好きかも:ゴッドイーター2 パチスロ
 優樹はキョトンとして頬を赤らめた

だが、今は嬉し恥ずかしさで喜んでいる場合ではないとすぐに思い留まった

「生美ちゃんもなんだかちょっと素っ気ないし……

もうずっと会ってないからって、愛想悪いのは駄目なんだよ?」 まるで、疎遠になったらおしまい、そんな雰囲気だ

 寂しさを滲ませて口を尖らせる優樹に、反町は「わかってるよ」と苦笑した