ガルパン パチンコ 進軍

ガルパン パチンコ 進軍

あなたも好きかも:ウィール・オブ・ウィッシーズ
 傍にいる本村も知っている話しなのだろう

服部と反町をチラチラと窺っている

 ただ、じっと聞き入る反町に服部は軽く笑い、雲梯を続ける実へ目を向けた

「そういえば……、反町君って、小等部に妹さんがいたっけ

小学生だから、小さいし、元気だろうな

あなたも好きかも:パチンコ 唐津
それに……白川君? 彼、なかなか器用らしいね

学園のセキュリティを破るのも得意みたいだし

そういう人なら、小細工をするのは容易いかもしれないなぁ」 深手を負わせるような切り込み方はしなくても、かすり傷を無数に与えるような笑みと口調に、反町は目を細め、すぐに眉を上げて肩をすくめた

「すべて憶測だね

オレと大島さんが付き合ってるのは本当だし、その、細野ってヤツに写真を撮られたのも本当だけど

あとは、どれにしたって証拠がない」 無邪気な笑みを浮かべて「だろ?」と相槌を打つ反町に本村はキョトンとし、服部は間を置いて吹き出し笑った

全部聞いた話しで、オレの勝手な妄想だから

あなたも好きかも:パチスロ 乾杯
証拠なんてどこにもない

……けど」 服部は変わらぬ笑顔で首を傾げた

「もし、証拠が見つかったら? その時は、どうする?」 チラリと目を向ける、彼の視線の先を追った反町は眉間にしわを寄せた

そこには、雲梯の一番高い位置に進む実がいる

 ――彼らの不穏な気配を感じ取ることなく、痛んでくる手のひらに構わず反動を付けて進んでいた実は、その途中でふと違和感を感じた

 ……あれ? 何か変

 順調に掴んでいた雲梯の鉄の棒