アカギ スロット 天井期待値

アカギ スロット 天井期待値

 考助と同じ方向を見たスコットは、そちら側からレンカが来ているのを見つけて頷いた

「――なるほど

あなたも好きかも:フィーバークイーン スロット
確かにそのほうが良いようだね」「はい

特に隠すつもりはありませんので、ご安心ください」 考助のその言葉に、すっかり見抜かれているとわかったスコットは、苦笑をしていた

  考助とスコットがそんな話をしている間に、五体の狼を引き連れてきたレンカが近付いて来た

 考助が見た感じでは、それぞれの狼はよくレンカのいうことを聞いているように見えた

 レンカに渡したときにはまだ子狼だった二体は、すっかり成体の大きさに成長していて、考助から見ても完全にレンカに懐いている

 その証拠に、二体の狼がレンカに纏わりつくように歩いていて、残りの三体のうち二体は少し離れたところを歩いていた

 離れたところを歩いている二体は、念のためステータスを確認すると、やはりというべきか、教育と監視用に預けていたホルとヘルだった

あなたも好きかも:庄原市 パチンコ店
 最後の一体は、どっちつかずの場所を歩いている

あなたも好きかも:パチンコ 検定期限
 それぞれの位置関係を見れば、今のレンカとの関係がはっきりと分かるようになっていた

 少し離れた所から確認していた考助は、ある確認をするために、スッと両手を広げた

 すると、ホルとヘルは嬉しそうに尻尾を振りながらダッシュで考助の所へと近付いて来た

元気だったか、お前たち

子供たちも元気に育っているようで、安心したよ」 考助がその二体に話しかけるが、当然言葉で返って来ることはなかった

 だが、その態度を見れば、何となく言いたいことは理解できる

 ひたすら甘えてくるホルとヘルを、考助は苦労をねぎらうように何度も首筋を撫でていた