アクション オンラインゲーム

アクション オンラインゲーム

どこからどう見てもマインだった

「おかえりっていうか……お前、契約魔術は!? マインだよ、とか言っていいのかよ!?」 契約魔術がどう反応するのかわからなくて口を開いたり閉じたりしているマインの家族の代わりにオレが怒鳴ると、マインは得意そうに「うふふん」と笑った

あなたも好きかも:刀剣乱舞 パチンコ
「あの契約魔術はね、エーレンフェスト限定だからアレキサンドリアにいる時は大丈夫

わたしが領主になったから、もうそんな契約を結ぶことなんて絶対にないもん」「マジか……」 突然知らされた契約魔術の範囲の衝撃が大きくて声が出ない

でも、マインはそんなオレ達の反応にコテリと首を傾げた

あなたも好きかも:パチンコ 難波
「それにしても、突然帰ってきたのに意外と驚いてないね

うわぁ! とか、お前は誰だ?! みたいなのを想像してたんだけど……」「お前の声、丸聞こえだったからな」「え? ホントに!?」 周囲を見回しながらそう言って、マインは不満そうに頬を膨らませて背後を振り返る

「ほら、フェルディナンド様のせいで気付かれちゃったじゃないですか

せっかく驚かそうと思ったのに」「皆が気付いたのは明らかに君の声であろう」 ……へっ!? フェルディナンド様の声が聞こえた方に驚いた

おじさんもおばさんもトゥーリも目を見開く

「は? フェルディナンド様だと!? どうしてここに!?」 おじさんの声にマインが扉で隠れている部分に向かって手招きする

姿を現したのは無表情のフェルディナンド様だった

あなたも好きかも:シンフォギア スロット マリア
フェルディナンド様の袖をつかむと、マインが頬を赤らめて視線をさまよわせながら言葉を探し始める

「あ、えーとね

その……わたしね、実は……」 何というか、その甘ったるい空気だけでマインが何を言いたいのかすぐにわかった

マインがもじもじしている様子におじさんが頭を抱えて溜息を吐き、おばさんとトゥーリはフェルディナンド様が来たという緊張から解放されてように顔を見合わせて肩を竦める

「つまり、フェルディナンド様に決まったってことだろ? 知ってる」 旦那様とマルクさんは笑いながらそう言った

カミルは一人だけまだ目を白黒させて、「何だ、これ? どういうこと?」とオロオロしている

「うぇっ!? なんでベンノさん達が知ってるの? 平民向けにはまだ公表してないよね?」「オレがトゥーリに聞いて報告したから」「なんでトゥーリが知ってるの!?」 オレはトゥーリに視線を向けた