スロット した皿いっぱい

スロット した皿いっぱい

「そもそもぉ……お前らと戦う時は侍を捨てるぅ……」「む? それはどういうことだ?」「ああぁ、俺の炎上流には二つの型があるぅ……

それだけだぁ……」「なるほどな」 相手をする者によって型を変えるようだ

 興味はあるが、彼らを圧倒するほどの剣術などあの時の戦いだけで充分である

「へぇ、なんだらそいつぁ

わてにも勝てっかぁ?」「……お前にはぁ……通用しなさそうだぁ……」「あら、槙田さんが認めるなんて」「うるせぇぞ──」「「「えぇ!?」」」「またこれか」 槙田が……消えた

 水瀬の時と同じように、スッとその場から消え去ってしまった

 一体何がどうなっているのだろうか

あなたも好きかも:戦国おとめ ぱちんこ 甘 初代
 他の者たちもそれを見て驚いている

あなたも好きかも:パチンコ 春一番 期待値
 次は自分なのではないかと、津之江は少し怖がっている様にも見えた

「あ、あれ!? 槙田の兄貴は!?」「今のは……一体……」 西行と辻間も驚いている

あなたも好きかも:パチンコ スロット 幅
 まぁそれもそうだろう……

「結局これの原因は分からんのか? 木幕よ」「うむ……」「彼らの共通点は何かあります?」「あるとすれば一番最初に倒した者たち、ということくらいだろうか……」 すると、木幕の体が薄れていきはじめた

 この空間のことについても良く分かっていないし、消えて行くことにも分かっていない

 できれば解明して彼らを安心させてあげたいところなのだが……

 あの山にいる限りは情報を集めることはできない

 移動中であっても調べることはできなかったのだが

「ま、頑張れ」「お主は楽観的だな……」「げん(そんなに)焦りょーても(焦っても)わてらは死んどっけぇ、どーなっても文句は言えんけぇなぁ」「それもそうか」 それを最後に、一度意識が途絶えた