修羅 スロット 設定差

修羅 スロット 設定差

 セツナは、手の甲の上で腹立たしげにする小ドラゴンを見つめながら、少し面白くなってきている自分に気づいた

あなたも好きかも:パチンコ 番組 地上波
さっきまで圧倒的な力を見せていた怪物の成れの果てがこれだ

いじりたくもなるものなのかもしれない

「えーと、反応の面白そうな方?」「酷い、酷いのじゃ! 鬼畜生なのじゃ! 化け物!」 宝石のような目に涙さえ浮かべる小ドラゴンに、セツナは、溜息とともに告げた

「おまえだって化け物だろうが」「なにをいうのか! わしは歴としたワイバーンじゃぞ! あやつにはチョビなどという不名誉な名で呼ばれておったものじゃが……」(やっぱり、アズマリアの意思に従っていたということか) セツナは、ワイバーンのその言葉で、彼が水龍湖を戦場に選んだことにようやく納得した

アズマリアのいっていた通り、このワイバーンは魔人の支配下にあったのだろう

そしておそらく、ワイバーンはアズマリアと戦い、一度彼女に負けているのだ

あなたも好きかも:ベラジョンカジノ 銀行出金
だから彼女に従い、行動した

 なにも気にせず戦えるのならば、召喚された場所で戦えばよかったはずだ

むしろ、龍府の真っ只中であるあの場所のほうが、飛龍にとっては有利に戦えた

人語、共通語を理解し、人間と会話し、触れ合うことの出来るだけの知能を持っているのだ

自分にとって有利な地形で戦うことくらい考えられるだろうし、戦闘中のセツナの行動から、市街地では積極的に戦えないということも認識できたはずだ