エンジェルビーツ パチスロ

エンジェルビーツ パチスロ

私は早く自分の魔力を上げたい

強くなりたい」「トラウゴットのお父様というと、お父様、あ、いえ、カルステッドの弟君ですよね?」 リヒャルダの情報によると、トラウゴットの父親は確かおじい様の第二夫人の子だったはずだ

そして、リヒャルダの娘と結婚したと聞いている

「そうです」 それから話してくれた内容によると、トラウゴットの父はカルステッドに比べられて育ってきたらしい

母親同士が張り合っていた部分もあるのだと思う

第一夫人の子で、騎士団長になったお父様をどのような感情で見ていたのか、詳しくはわからない

あなたも好きかも:パチンコ 等価 と は
 けれど、年の近いコルネリウスとトラウゴットの二人を鍛えていたボニファティウスが、トラウゴットに才能があると言ったことが、トラウゴットの父には殊の外嬉しかったのだろう

 ボニファティウスに気に入られることを願って、トラウゴットに強さを求めた

あなたも好きかも:パチンコ 射幸心を煽る
その結果が今の状況に繋がっているようだった

「ダームエルのような下級騎士があれだけ魔力を伸ばせるのです

あなたも好きかも:神奈川 パチンコ リスト
私ならばもっと伸ばせるはずです」 ……なんですと? ダームエルの努力を軽視するトラウゴットの言葉にイラッとして、芽生えつつあったトラウゴットへの同情心が一瞬で消し飛んだ

 確かにダームエルは下級騎士で、いつだって魔力の少なさに嘆いていて、そのせいで好きな相手に対象外として見られるような状態だった

 けれど、わたしにとっての重要度はトラウゴットとは比べ物にならない

一番古くからの付き合いで、一番信頼できるわたしの護衛騎士だ

わたしが平民だとわかってからもシキコーザから守ろうとしてくれたし、護衛として神殿に派遣されるようになってからはビンデバルト伯爵から命懸けで守ってくれた

 魔力圧縮方法を知ってからもコツコツと真面目に努力して魔力を増やしてきたし、どのように戦えば効率的に戦えるか、ずっと考えて、魔力の扱いについてはおじい様に褒められるほどになっている

魔力と体力だけで突っ込んでいく今の騎士見習い達と違って、ダームエルは頭を使って戦うことができるのだ

「ダームエルの魔力の伸びは彼の努力によるものです

成長期で上級貴族である分、トラウゴットの方が有利でしょうけれど、あれだけ真面目に努力する者はなかなかいません」「下級貴族が真面目に努力したところで高が知れています」 ……ふぅん? あ、そう