パチンコ マニアック

パチンコ マニアック

「レイシール様、横になってください……

酷い顔色です」「うん……分かってる…………」「…………分かってらっしゃいませんよ」 シザーに、無理やり担がれた

あなたも好きかも:1の日 パチンコ
 執務室に運ばれ、そこの長椅子におろされ、後からやってきたハインが、上掛けを運んできて、俺に掛けた

 俺の様子に、心配そうな表情のギルが、ハインに声を掛ける

あなたも好きかも:スロット タイムクロス ゲーム
「……やっぱ、残ろうか?」 俺があまりに、使い物になりそうにないって、ことなんだろう……

「決められていた通りにしましょう

こちらがここで慌てて妙な動きをすれば、領主様の拐かしが我々の行動だと悟られてしまうかもしれません」「…………けど、レイは……」「……予定の、通りに、しよう……」 足手纏いにだけは、なってはいけない……

あなたも好きかも:パチンコ 介護施設
 ここで俺が予定にないことをすれば、全部それがサヤらの負担になってしまう

 そんな風に考えていたら、掠れた低い声で「あ……」という、呟きが聞こえた

 シザーが珍しく、声を発したのだ

「ん?……あぁくそっ……雪が…………」「悪いことばかりではありませんよ

ある程度視界も遮られますし、行動だって阻害される

吠狼には鼻と耳があるのですから、より有利です」 だけど、父上という、足枷を嵌められている…………

 いつの間にやら灰色に染まっていた空から、白い欠片が降りしきっていた……

 積もるほどではない